徒然なるままに

ゲーム,映画,などを気ままに綴ります

ウイングチップではなく,オックスフォード

キングスマン kinguman

 

皆さまスパイ映画はお好きですか?

 

007などのスパイ映画はとんと見たことがなく,

レンタルビデオ屋さんで,パッケージで何となく選んだ作品なんですが,

キングスマンという作品が非常に面白かったです.

 

作品は,

「キンスグマン」と呼ばれる難事件の解決やテロリズムの防止を行う組織を中心に描かれる.

 

あるテロリストのアジト襲撃中に,一人のエージェント候補生が仲間の命を守り殉職した.

その死に責任を感じたエージェントのハリーは彼の家族に訃報を告げに行き、

困った時は「ウィングチップでなくオックスフォード」と暗号を伝えれば力になると,

エージェント候補生の息子:エグジーに連絡先が書かれたメダルを託す.

 

17年後,あるテロリストのアジト襲撃中に,エージェントの1人ランスロットが,

文字通り真っ二つにされてしまい,

残されたエージェント達は新たな候補生を1人ずつ推薦する事になり,

ハリーは典型的な労働者階級のエグジーを推薦する事にした.

 

つまり労働者階級のエグジーが英国紳士のハリーによって立派な紳士になる話.

そこにスパイ組織,上質なアクション,上質なブラックジョーク,上質な音楽が

組み合わさって最高のスパイ映画が作り上げられている.

 

「礼節が人を作る,意味が分かるか?では教えてやろう」

「銀のスプーンが無いせいで道が限られたとしても,そこに留まることは無い.

    順応し学ぶ覚悟があれば人は変われる」

「スーツは紳士の鎧,そしてキングスマンは現代の騎士だ」

「そんな言い方は許さん,不満ならここに来て耳元で囁け」

「どの任務においても感謝されたことは無い,遂行した日の一面はどれもゴシップ,

    それがキングスマンの本質だから秘密も守られてきた」

「紳士の名が新聞に載るのは一生に3回,誕生と結婚と死ぬ時だ.

    そして我々は何をおいても紳士だ」

「紳士になるのに氏素性なんて関係ない,紳士は常に学ぶものだ」

ヘミングウェイ曰く,人より優れていても気高くは無い.

    真の気高さとは過去の自分を超えることだ」

 

威風堂々は良いのかこれ,ド迫力の花火大会(笑)

 

この作品を見事に作り上げたのはマシュー・ヴォーン監督.

有名なのは「キック・アス」でしょうねやっぱ.