徒然なるままに

ゲーム,映画,などを気ままに綴ります

「トランス Trance」という映画について.

2013年公開のイギリスの映画.

監督はダニー・ボイル監督.

そう.今年公開されたトレインスポッティング2のダニー・ボイル監督です.

なら,トレインスポッティングについて書けよって?そちらはそのうち書きます.

 

そして,脚本家はジョン・ホッジ.こちらもトレインスポッティング2の脚本家.

というか,監督:ダニー・ボイルと脚本:ジョン・ホッジの組み合わせが良いんです!

美しい映像と音楽とブラックサスペンスの組み合わせが良いんです!

 

 

本作では,2人のデビュー作シャロウ・グレイブと同じく3人の主人公が絡み合って

トーリーが構築されていく.

 

初見で見始めると,「ただの絵画強盗の話かなぁー?」て思い始めるんですよ.

そして途中から,「消えた絵画がどこにあるかを推理するサスペンス」て

思い直すと思うんですよ.

 

全然そんなこと無い.寧ろ銀行強盗でも押し入り強盗でもなんでも良かった(笑)

全体で100分位の映画ですかね?おそらく60分位で,

「えっ!そういう事!?」ってなって,怒涛のラストまで持っていかれると思います.

 

真実が明らかになるまではしっかりと伏線も張られているし,

オチを推理したい人とか,話が転がって良い意味で期待を裏切るのが好きな人には,

受ける作品だと思います.

 

自分は一度映画を見て,えっー!ってなって,もう一度初めから見直しました.

あっ!あと,ロザリオ・ドーソンの裸体を一糸纏わぬ姿で拝めますから,

そういう意味でも2,3度見直す価値がある作品です(笑)

※このシーンも重要なシーンです.

 

洋画ってどこまで見せて良いんですかね?

あれは良いんですか?詳しい人是非教えて下さい.